マルイハイキャパの価格♪ガーダーステンレスアウターバレルの感想とレビューならココッです

製品自体は見た目もよく!また重量も申し分ないですが!現時点では換装しても作動不可ですので★は1つとしておきます。(結論)下記ウエスタンアームズ方式の加工でスムーズに稼働するようになりました(アウターは弄らずです)。●圧縮バネ1本:内径約9.5〜10mm 外径約11mm 太さ約0.5mm 長さ約70mm(適当)*リコイルSPは不可(内径が狭くインナーに入りません)●ルーターと先の尖ったドリル針(ダイアモンド針がベスト)●マスキングテープ(3Mの製品がベター!百均のテープは不可)*傷防止と彫り溝位置を決めるために使用。

こちらです♪

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

ガーダー ステンレスアウターバレル マルイハイキャパCAPA-10(SV)■【ダミーライフリング】GUARDER ガーダー ステンレスアウターバレル★東京マルイハイキャパ5.1用

詳しくはこちら b y 楽 天

アマゾンで「DIY こそ醍醐味さん」のレビューに写真付きで紹介されていました。その時!他のマルイ製品でも確認してみたいと思います。ステンレスの鈍い光は本物を思わせるので気に入りました!取り付けも無調整で問題なく付きました。純正スライドならスライドのラグを削り取るとマシになります。用意した物●ゴムのオーリング1つ:内径約4.5mm 外径約7.5mm 太さ約1.5mm *外径が大き過ぎるとアウターに詰まります。ノーマルと比べて圧倒的な重量と強度に見た目の良さで最高!特に加工の必要もなく取り付けられました。最高のバレルだと思います。手元に調整具が無いため実家(GUNおよび道具等を保管)に行った時に再調整をしたいと思います。今回は、工夫と加工が楽しめたので★5つに変更します。問題点は軽量のプラスチック製から重量の多いステンレス製にしたことでブローバックの抵抗が増え動作不良を起こします。(アドバイス)*溝の深さは軽くゴムのオーリングが引っ掛かる程度で充分です。<追記>他のHIーCAPA5.1でも現象は同じで不可でした。。ノーマルより見た目の輝きを抑えたステンレスのシルバーと!圧倒的な重量感はノーマルには真似できません。なお!先に試された方がおられました。純正のアウターはプラスチックに硬度の高いメッキ塗装で完成度も見た目も良いのですが!メッキ特有の輝きが嫌で交換しました。期待通りで満足しています。まだ届いていませんが、早く好感したいです。重量バランスも良くなるし、銃口から見える結構奥まで掘られたライフリングはカッコいい!のひと言。無加工でどれかに合うのかも知れません。ロッキングラグがよく引っかかり、動作不良を起こしやすいです。なお、調整時間は約10分程度で済みました。(一部割愛!追加しました)[]インナーとアウターをセットした時にチャンバーの受け部が約1〜2mm程度浮いて離れてしまいます(個体差?)。ただ、やっぱり重量感と質感…いいです。純正もそうだが先端がスライドより5mm出るのでこれが出なければもっと格好いいと思うのだが主観なのでしょうがないですね。アルミ製からステンレス製に…質感、重量感、共に◎! 取り付けも純正品と同じで簡単。結果!スライドが戻る時にアウターの後端部が持ち上がるためスライドのエジェクションポート部と干渉して動かなくなるようです?アウターを後方に押し込むように固定すると比較的スムーズに作動します。ご参考にご覧いただくと文章より良く分かります・・・。ちなみにガーダー製のハンマースプリングタニオコバのマガジンバルブライラクスのピストンヘッドライラクスの120%メインスプリングのメニューを組んであります。予備として購入しました。*インナーとアウターチャンバーを嵌めた状態でアウター最後部からインナーの先に向かって約90mm(適当に)位置に溝を彫りました。銃口部のライフリングとステンレスの重量感で、かなり面構えが良くなりました。スライド部を軽量化させるかブローバックに回るガス量を増やさない解決しないと思いますので取り付けにはそれなりの覚悟が必要です。